読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kwsktr's study log

kwsktr のおべんきょログ

『たのしいRuby 第3版』を手に入れた

日記 Ruby/Rails

PythonPHPJavascript も中途半端なのです。でも、新しいものっていいよね。

まだRubyのインストールも完了してないので、『たのしいRuby』を、さらさらと読み始めているところなのですが。


かなり中身が詰まっている本です。

第1部 Rubyをはじめよう

  • 第1章 はじめてのRuby
  • 第2章 便利なオブジェクト
  • 第3章 コマンドを作ろう

第2部 基礎を学ぼう

  • 第4章 オブジェクトと変数・定数
  • 第5章 条件判断
  • 第6章 繰り返し
  • 第7章 メソッド
  • 第8章 クラスとモジュール
  • 第9章 エラー処理と例外

第3部 クラスを使いこなそう

  • 第10章 数値(Numeric)クラス
  • 第11章 配列(Array)クラス
  • 第12章 文字列(String)クラス
  • 第13章 ハッシュ(Hash)クラス
  • 第14章 正規表現(Regexp)クラス
  • 第15章 IOクラス
  • 第16章 FileクラスとDirクラス
  • 第17章 TimeクラスとDateクラス

第4部 Rubyを使いこなそう

第5部 ツールを作ってみよう

  • 第22章 HTMLやRSSの解析
  • 第23章 HTTPサーバのアクセスログ解析

初心者が覚えようとしたときに、あふれんばかりのギッチギチ感に逃げ出さないかなぁと。もっとも、ボクみたいに飽き易い人間じゃなければ、たぶん大丈夫かな。進行自体は、多少早足ですけれど、他のスクリプト言語を入門クラスまで学んでいる人なら、特に苦も無く覚えれるんじゃないでしょうかね。
とりあえず9章までは勢いで読んで、コードを書きつつ学べば、Rubyがどんどん楽しくなってきそうな気はします。こんな感じで、オブジェクトとクラス、メソッドをかじっておけば、それからはまあなんとかなるでしょう。と、いうように、ステップアップを考えられて作られている構成になっているように思います。
監修は生みの親、まつもとゆきひろ。安心ですね。


コレが終わったら、次のステップはオライリー本かなあ。

 


そして、ボクの最終目標は 『Ruby on Rails』。

  


自分用に作りたいWebアプリがあるので、まあ、ボチボチやっていこうかな。