読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kwsktr's study log

kwsktr のおべんきょログ

Rails から離れて、CakePHP 1.3.2 やってみたり。

PHP

久しぶりにPHP触ってます……うーん、ぜんぜん思い出せない。でも、なんとか動かせてる。
CakePHP ポケットリファレンス』が、手元にあるからなんとかなってる気もします。
フレームワーク効果ってのもありますね。数行書くだけで、あれこれ動いちゃうからヤル気がでる。
以前CakePHPを触っていた時よりも、バージョンがあがって 1.3.2 になっているけれど、もともとあんまり動かせずにいたので、初めて触る感覚で試しています。


それにしても、Ruby on Rails を少し触ったおかげか、いままでより楽に動かせてたりします。MVC関係のドキュメントをいろいろ読んだからかなぁ。この1ヶ月は無駄じゃなかったのかな。
と、いいつつも、しばらく Rails からは離れて CakePHP でちょこちょこやって、夏の夜を過ごしたいと思います。PSPアイドルマスターやるのも、ちょっと控えないと。


それにしても、日本語ドキュメントは偉大です。
CakePHPは特に、先駆者が数多くいらっしゃるのでとても助かってます。Ruby on Rails に関しては、有効な日本語ドキュメントがまるで見つけられませんでしたからね。公式的なサイトで最新バージョンへの日本語対応が、もう少しだけあると使いやすいんですけれども……甘えるなってことなんでしょうか。
ボクにもっともっと英語力があればいいですが、中学英語もままならない身としては、英語で技術ドキュメントを読みあさるのは無理過ぎます。

ってことで、素直にお金出して、解説本を揃えるべきだと判断して、『Head First Rails ―頭とからだで覚えるRailsの基本』を買いました。写真と絵がとてもとても豊富なので、楽しみながら読んでます。人によっては拒否反応でそうだけど。解りやすい内容の良書だと思います。なにより高いしね。


  

CakePHP関連の新しい本の『CakePHP 1.3によるWebアプリケーション開発―オープンソース徹底活用』は本屋でチェックしたけれど、ボクが買うかはちょっと微妙。中身はかなり限定されていて、「CakePHPのチュートリアルを大幅加筆しました」といった内容かな。フーレムワークを初めて触って確かめるのに、手元にドキュメントが無いと厭だ! って人は損しないんじゃないかな。