読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kwsktr's study log

kwsktr のおべんきょログ

Ubuntu 10.10 に Aptana RadRails いれてみたり 日本語化してみたり

何度も同じようなこと書いている気がするけれども……気にしない。
とにかく、最近使い始めた Dropbox と Evernote が神サービスなので、どの PC にでも同じような開発環境を入れておくと便利だったりするので。

事前準備

最初に JRE 入れておいたほうがよろしいので。

$ sudo apt-get install openjdk-6-jre

いれておきましょう。

RadRails のダウンロード

http://www.aptana.com/ を開いて、
PRODUCTS > RADRAILS2 > DOWNLOAD RADRAILS2 ボタンを押していきます。もしくは、直接 Aptana | Studio を開いても一緒です。
自分の環境にあった Standalone Version を選択して、画面下の DOWNLOAD RADRAILS2 ボタンを押すとダウンロードが開始されます。


ダウンロード終了後は、書庫マネージャで解凍するなり、unzip して解凍するなりした後で、自分の好きな場所に移動させておきます。ボクはダウンロードディレクトリにある Aptana_RadRails_Setup_Linux_x86_2.0.5.zip を unzip しました。

$ unzip Aptana_RadRails_Setup_Linux_x86_2.0.5.zip
日本語化

続けて、pleiades をダウンロードしてきます。
Eclipse 日本語化 | MergeDoc Project から、
Pleiades 本体ダウンロード > 安定版 1.3.2 を選択して、ダウンロードします。ダウンロードの後は、また、同じように unzip をしました。

$ unzip pleiades_1.3.2.zip


pleiades_1.3.2.zip を解凍すると、下記のようにディレクトリとファイルがあります。

  • features
  • plugins
  • readme
    • readme_pleiades.txt
    • readme_pleiades_changes.txt
  • eclipse.exe -clean.cmd
  • eclipse.exe startup.cmd


features/jp.sourceforge.mergedoc.pleiadesディレクトリ を、RadRails の featuresディレクトリ の中に、移動させます。同様に plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiadesディレクトリ を、RadRails の pluginsディレクトリ の中に、移動させます。

コマンドで記述すると

$ sudo mv ./features/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades ../Aptana RadRails/features/
$ sudo mv ./plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades ../Aptana RadRails/plugins/

というようになるでしょうか。


Windows の操作に慣れている人は、

$ sudo nautilus

をして、ドラッグ&ドロップで入れたほうが楽かも知れません。
最後に、Aptana RadRails/AptanaRadRails.ini を開いて、最終行に

-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

を記述すれば日本語化は終了です。

最後に

Aptana RadRails 起動後に、Mongrel のインストールなどを行ったりしたのですが、Ruby1.9.2環境だと、インストールが行えないようでした。

$ sudo gem install mongrel

Building native extensions. This could take a while...
ERROR: Error installing mongrel:
ERROR: Failed to build gem native extension.

/usr/local/bin/ruby extconf.rb
checking for main() in -lc... yes
creating Makefile

make
gcc -I. -I/usr/local/include/ruby-1.9.1/i686-linux -I/usr/local/include/ruby-1.9.1/ruby/backward -I/usr/local/include/ruby-1.9.1 -I. -D_FILE_OFFSET_BITS=64 -fPIC -O3 -ggdb -Wextra -Wno-unused-parameter -Wno-parentheses -Wpointer-arith -Wwrite-strings -Wno-missing-field-initializers -Wno-long-long -o http11.o -c http11.c
http11.c: In function ‘http_field’:
http11.c:70: warning: format not a string literal and no format arguments
http11.c:71: warning: format not a string literal and no format arguments
http11.c:77: error: ‘struct RString’ has no member named ‘ptr’
http11.c:77: error: ‘struct RString’ has no member named ‘len’
http11.c: In function ‘request_uri’:
http11.c:102: warning: format not a string literal and no format arguments
http11.c: In function ‘fragment’:
http11.c:113: warning: format not a string literal and no format arguments
http11.c: In function ‘request_path’:
http11.c:124: warning: format not a string literal and no format arguments
http11.c: In function ‘query_string’:
http11.c:135: warning: format not a string literal and no format arguments
http11.c: In function ‘header_done’:
http11.c:172: error: ‘struct RString’ has no member named ‘ptr’
http11.c:172: error: ‘struct RString’ has no member named ‘ptr’
http11.c:172: error: ‘struct RString’ has no member named ‘ptr’
http11.c:174: error: ‘struct RString’ has no member named ‘ptr’
http11.c:176: error: ‘struct RString’ has no member named ‘ptr’
http11.c:177: error: ‘struct RString’ has no member named ‘len’
http11.c: In function ‘HttpParser_execute’:
http11.c:298: error: ‘struct RString’ has no member named ‘ptr’
http11.c:299: error: ‘struct RString’ has no member named ‘len’
http11.c:307: warning: format not a string literal and no format arguments
make: *** [http11.o] エラー 1


Gem files will remain installed in /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/mongrel-1.1.5 for inspection.
Results logged to /usr/local/lib/ruby/gems/1.9.1/gems/mongrel-1.1.5/ext/http11/gem_make.out

まあ、仕方ないですよね。


参考になったフォーラム記事 :: Ubuntu日本語フォーラム / rascut のインストール (flex sdk)



それでも、Aptana RadRails2 をボクは使い続けますが!