読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kwsktr's study log

kwsktr のおべんきょログ

PHP リハビリに ZendFramework をやることにしました

日記 PHP

最終的には Zend_Gdata 使って、YouTube Data API で遊ぶ!
ということを目標に、今日は最初のステップとして、ZendFramework を導入しました。

ZendFramework のダウンロード

まずは、ZendFramework を使えるようにする必要があるので、ダウンロードしてきます。

Zend Framework
から、でっかい「Download now」のバナーをクリックして……



Lastest Release of ZF から
Zend Framework Full Package の 『Free Download』 をクリック。



Windows版 Zend Framework 1.11 full (recommended) を、ダウンロードします。
場合によっては、ダウンロードの際に登録を求められたりしますが、しばらくお世話になる、ということで個人情報を登録しておきます。

設置と設定

ダウンロードしたら解凍して、任意の場所に置いておきます。正直、どこでもいいのですが、ボクは EasyPHP を使っているので、直下に置いておきました。

C:\Program Files\EasyPHP-5.3.5.0\ZendFramework-1.11.3

こんな感じ。


次に、ZendFramework のライブラリに、パスを通します。

C:\Program Files\EasyPHP-5.3.5.0\conf_files\php.ini

を開いて……790行目に

include_path = "C:\Program Files\EasyPHP-5.3.5.0\ZendFramework-1.11.3\library"

を、追記しました。


設定の最後は、公開するフォルダに、.htaccessファイルを新規作成。

C:\Program Files\EasyPHP-5.3.5.0\www\.htaccess

記述内容は、参考サイトの記述通りに……

RewriteEngine on
RewriteBase /
RewriteRule !\.(js|ico|gif|jpg|png|css)$ index.php

と、しました。

動作確認

index.php を新規作成。

C:\Program Files\EasyPHP-5.3.5.0\www\index.php

記述内容は、これまた、参考サイトの記述通り……

<?php
require_once 'Zend/Version.php'; //ライブラリの読み込み
echo Zend_Version::VERSION; //現在のZend Frameworkのバージョンを表示

として、Apache を起動してブラウザで確認。

1.11.3

と、表示されているのを確認しました。
これで、設置は完了、かな。