読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kwsktr's study log

kwsktr のおべんきょログ

Eclipse(Pleiades) で、どうしても Perl を書きたいときには

Windows で Perl のコーディング学習をしていて一番困っているのはデバッグです。
-d オプションを使えば、コマンドラインでデバッグもできなくはないけれど、typo を探すのが難しかったり。
strict さんと warnings さんには、毎回怒られてばかりで辛い思いをしていました。


藁をもすがる思いで、検索したところ、EclipsePerl の plugin があることが判明。


その名も、EPIC - Eclipse Perl Integration


Eclipse でも Perl の実行とデバッグができるらしい。
ということなので、さっそく導入してみました。

Eclipse のインストール

まずはEclipse(Pleiades) をインストールを簡単に。

Eclipse 日本語化 | MergeDoc Project


今回使いたいのは、Perl の plugin なので、Eclipse のバージョンなんでも良さそう。3.5、3.6あたりならOKでしょう。
ボクは、Pleiades All in One 3.6.2.20110326 を選択しました。


パッケージは JRE あり/なし の選択がありますが……これは環境に合わせて選んでください。
ボクはすでに xampp を設置していたので、Standard All in One (JRE なし)/PHP(PDT) をダウンロードしました。
たまには、PHPを書くこともありますし。

選択さえ終わればやることはダウンロードして、解凍して、好きな場所に設置するだけです。
Eclipse(Pleiades)の設置は、非常に簡単なのですが、注意点が1つ。


Windows 上で zip を解凍するときの注意 というのがあります。


簡単に説明すると解凍ツールによっては、長すぎるpathに対して、適切なエラー処理が行われないというものです。
回避方法としては、解凍先を c:\ 直下等にすれば、問題ないと思います。

Perl の導入

ボクは xampp に入っていた、Perl 5.10 を使っていますが、普通は ActivePerl がおすすめされていますよね。

ActivePerl is Perl for Windows, Mac, Linux, AIX, HP-UX & Solaris | ActiveState

Strawberry Perl for Windowsも可愛いですけれど)


ActivePerlのインストールですが、特別なサポートを必要としないのであれば、無料の Community Edition をダウンロードして、インストールするだけです。

ActivePerl Downloads - Perl Binaries for Windows, Linux and Mac

EPIC の淘入

次に、今回のメインである Eclipse plugin の EPIC をインストールします。


(1) [ヘルプ]メニュー -> [新規ソフトウェアのインストール] を選択します。


(2) [インストール]ダイアログが開くので、[追加(A)]ボタンを押下します。


(3) [リポジトリーの追加]ダイアログが開きます。

[名前(N)]フィールドには、 EPIC などの識別しやすい名前を
[ロケーション(L)]フィールドには、 http://e-p-i-c.sf.net/updates

を、入力して[OK]ボタンを押します。


(4) しばらく待つと、『EPICメイン・コンポーネント』が表示されるので、左端のチェックボックスにチェックを入れ、[次へ]ボタンを押下します。


(5) 後は、ウィザードに従い、同意したり、いろんなところをクリックすれば EPIC が導入されます。


最後に再起動が必要となる場合がありますので、忘れずに再起動をしましょう。

PadWalker の導入

一番欲しかったデバッガーを使うには、PadWalker というモジュールを導入する必要があります。

ActivePerl を使っていれば、ppm で簡単にインストールできます。xampp でも同様の手順で可能です。

前提条件としては、ppm に Path が通っている必要がありますので、実行環境に応じて c:\paerl\bin\ や c:\xampp\perl\bin などPathを通してください。


コマンドプロンプト(cmd.exe)を起動したら

# まずはppmの確認
> ppm version
2.1.9_01

> ppm install PadWalker

これで、インストールされます。

EPICの設定

最後に EPIC を使うための設定を、Eclipseで行います。

(1) [ウィンドウ]メニュー -> [設定] を選択します。
(2) 設定ウィンドウの左側のメニューから [Perl EPIC] を選択します。
(3) 実行環境に応じた、[Perl実行可能ファイル] を設定します。
[...]ボタンから参照することが可能です。


他にも、Perl::Critic を導入*1したり、テンプレートをいじったりできるので、いろいろと捗ります。


以上のステップを踏めば、Eclipse 上で Perlデバッグができるようになっているはず。
Perl パースペクティブの [虫]ボタンを押しちゃってください。


追記 :: 導入したけれども……

ボクの環境では最初の起動時の1回は表示されたのですが、再起動後はデバッグ時の変数の値を確認することができなかったりと、デバッグが上手にできませんでした。
何度繰り返しても PadWalker がインストールされていないというエラーが表示されてしまいました。


公式FAQを見ると、「Perlプロジェクトのインクルードパスに Perl の lib も含めてね」と書いてあるので、c:\perl\lib などを加えてみるといいかも知れません。

Why is the debugger not working (ActiveState or Strawberry Perl under Windows)?


Enjoy! (って言ってみたかった)

おまけ

EPIC について、もっと詳しく知りたい人は、EPIC_User's_Guide(英語) が用意されておりますヨ。
http://www.epic-ide.org/downloads/EPIC_User's_Guide.pdf

Perl やるからには読みたい本

[あとで読む]

Perl CPANモジュールガイド
冨田尚樹
ワークスコーポレーション
売り上げランキング: 2417


Perlベストプラクティス
Damian Conway
オライリー・ジャパン
売り上げランキング: 121613

*1:厳密すぎるのでボクはやらないけれど