読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kwsktr's study log

kwsktr のおべんきょログ

横浜市に住む親御さん……こどもを護ってやってください

日記 子育て

神奈川県横浜市の学校給食、『福島産のキャベツ,もやし,きゅうり,アスパラガス,牛肉』を使用 « Security.jp

神奈川県横浜市の学校給食委員会が給食用物資(2011年5月分)の産地を公表している。公表したのは、学校給食に使用する産地の問い合わせが多いためとしている。
問い合わせは原発事故後に増えたものと思われる。
公表資料によるとキャベツ,もやし,きゅうり,アスパラガス,牛肉に福島産が使用され、キャベツ,きゅうり,アスパラガス,みず菜,メロンに茨城産が使用されている。
キャベツはセシウム137が最も蓄積されやすい野菜のひとつである。


福島県産の食材に放射線の基準値を超えてるモノが出ていて、出荷制限が掛かっている事実があって……それなのになぜ、放射能の影響が出やすいとされている子どもたちが口にする給食に、あえて福島県産を使う必要があるのかが、ボクにはまったく理解出来ない。
ほっとけば数年で死ぬような老い先短い老人達に、放射能で犯された食材が優先して振舞われるなら理解できる。
老人ホームは積極的に、放射能を浴びている食材を使うべきだとボクは思ってる。


それなのに、横浜市がやってることは真逆。
ボクは川崎市民だから、ひとごととは思えない。
先日、神奈川県知事になった、黒岩が何やってるか知らないが、神奈川県の子どもを護ろうとしないボンクラだってことはよく解った。


横浜市民の親は、学校給食委員会に対して真剣に抗議したほうがいいよ。
こんなバカげた給食なんか食べさせる必要なんてないでしょ。
給食費だって支払うのを拒否していいよ。
経済や福島県民よりも、自分の子どもの方が大事でしょ?
子どもを護れるのは、親の愛情しか無いんだと、ボクは思うよ。


子どもを優先的に危険に晒そうとするこの国は腐ってる。