読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kwsktr's study log

kwsktr のおべんきょログ

育児で悩み中 :: 正しくない親が子どもに正しいことをどのように教えれば良いのか

最近、娘の子育てで悩んでいます。
ボクは紛うこと無き「アスペルガー」だからです。


自閉症スペクトラム指数自己診断
で、以前は36点を叩き出しました。
当時は精神的にもかなり参っていたので、高得点だったのかも知れません。
いまやっても、得点は高そうですが……今年は生きていて一番多く髪の毛が抜けた年でした。


まあ、なんというか悩みというのは、アスペルガーなボクの気質が子育てに影響しているような気がしています。
ボクの存在が娘に悪い影響を与えているように思うのです。


感情で怒りすぎてしまったり、話しかけられたときに冷たい態度をとってしまったり、娘に対して汚い言葉を使ってしまったり。
それでいて、ボクの機嫌や感情次第で甘えさせたり。


常に「良い子・良い娘」であることを求めたり。



幾つかの本を読んで、モラハラ親の部分を持つ自分に改めて気付いた次第です。
これらの本に書かれている「親」に、自分が当てはまっている部分があることを知りました。
肉体的な虐待はしていないことは自信を持って言えますが、娘の心を傷つけたことは間違いないんです。


ボクが「良い子・良い娘」を望む前に、「良い親」でなくてはいけないのでしょう。
でも、欠陥品であることがわかっているボクは、本当は「良い親」にはなれない気がしています。
いろいろ相談したり、試してみたり、読んだりしていても、根っこの部分は腐った人間なんです。


そんな感じで、娘が大きくなって受け答えも一人前になるに従い、子育てが本当に辛くて逃げ出したいような、消えてなくなりたいようなそんな想いが大きくなっていきます。
かといって、心療内科に通ったり、カウンセリングを受けても、あんまり良い方向に変わる気もしないので……いっそのこと地球爆発しろ!って思うわけですが、なかなか爆発しませんし。


そろそろ般若心経でも唱えるしかないかな、と。