読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kwsktr's study log

kwsktr のおべんきょログ

男の嫉妬はみっともないとはいうけれど

最近、会社内で物凄くモヤモヤしてる。
いわゆる「会社での人間関係」に対しての不満なので…本来は会社内の適切な部署に相談するのが望ましいとは思うのだけれど、その適切な部署がないレベルの会社なのと、嫁以外に相談できる相手もいない。


増田という方法もあるかも知れないけれど、ココで吐き出すことにする。

モヤモヤは一点だけ。

あんまり仕事ができなくても古い社員のほうが重宝されているということ。


要はボクは嫉妬してる。
37歳のいいおっさんが嫉妬してる。


嫉妬を自覚してからものすごい悪循環が始まってて。


間違いなく、殺意が増幅されている
相手にされない自分も悔しいけれど、相手が憎くなってる。


気付くと「あいつら全員、死ね。死ね。死ね。死ね。死ね。死ね。死ね。死ね。死ね。死ね。死ね。死ね。死ね。死ね。死ね。死ね。……」と小声で口走ってるときがある。


「殺す」じゃないだけマシだと思ってる。
それと、鬱だったときは「死にたい」「消えたい」だったことを考えると、変化を感じます。
問題の原因や解決方法を自己に向けずに、他に向けている気もするけど……それはそれかな。


あとは、100%の力で仕事をする気が無くなった。


以前の会社では、マネージャー職の人がほぼ全員の人と密にコミュニケーションを取って評価していた。
というよりも「オレは貴方のことを見てるよ」ということを、評価される立場として解りやすいくらいにアクションしてくれていた。
部署に50人くらいいるにも関わらず、派遣社員の一人であるボクのことをめちゃくちゃに見ててくれた。毎日、どんな形でも声を掛けてくれた。
そんなことされたら、期待に応えないわけにもいかないし、心からその人のために、組織のために全力を尽くそうと思っていたし、実際にやってもいた。


でも、いまの職場では違う。
ボクが120達成して、古い社員が80しか達成してなくても、古い社員しか評価されない。


感情的には良く分かる。
苦楽を共にした古い社員を大事にしたいのも解る。


だけど、それはマネジメントではないだろう?
全員を見れない組織って何のために存在するの?


仲良し遊びから卒業できない体質が、気持ち悪くて仕方ない。



嗚呼、文字にすると悲しくなってきた。
もうやめておこう。


……相手にされなくて当然なのかも知れない。
そういう会社だ。
だからといって、諦めるのも無いなと思っているので、これからもっと苦労するんだろうな。