読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kwsktr's study log

kwsktr のおべんきょログ

adidas miCoach 届きました。

ランニングの効率を高めようと購入した adidas miCoach。



やっと届いたので、開封して使ってみました。


f:id:kwsktr:20131026233555j:plain


まだまだ何も分かっていませんが、使いはじめるまでに ちょっとだけ苦労しましたのであんまり役に立つかわかりませんが、手順を書いて共有しておこうかと思います。

1. miCoach.com に登録

adidas miCoach: The Interactive Personal Coaching and Training System

に、アクセスして自分の情報を登録します。

f:id:kwsktr:20131027012630p:plain


画面右上の「無料登録」から先に進み、あれこれ入力して「登録」してください。

f:id:kwsktr:20131027012730p:plain

登録が終わったら、adidas miCoach から Mail が届いていると思いますので、本登録を行ってください。

2. ワークアウトプランの設定

続けて 1. miCoach.com に登録 で使った、メールアドレスとパスワードでログインします。

f:id:kwsktr:20131027012750p:plain

画面上部のメニューバーから、プラン > トレーニングプランを選んでみてください。
どれがいいかは、個人の体力だったり、やりたいことによって変わるとは思います。

f:id:kwsktr:20131027012805p:plain

チュートリアルとして試してみるには「今すぐスタート - 心機能プラン」が該当する感じでした。

f:id:kwsktr:20131027012834p:plain

ワークアウトのレベルを選んで…

f:id:kwsktr:20131027012844p:plain

…スケジュールを設定します。


これでプランの設定は終了です。

3. プロフィールの設定

次はギアの形をした設定アイコンから、プロフィールの設定を行ってください。

f:id:kwsktr:20131027012909p:plain

SNS との連携とか、人に公開するとか、身長・体重とか、そういった内容を設定してください。
煩わしいかもしれませんが、自分の名前くらいは入れておいたほうが良いかと思います。

4. アプリのダウンロード

miCoach App | 製品情報 | miCoach (マイコーチ)

f:id:kwsktr:20131027012955p:plain

iPhone / Android のアプリをダウンロードしてインストールします。
起動したら、miCoach の登録で使用したメールアドレスとパスワードを入力してください。


同期がはじまって、2. で登録したワークアウトプランなどがダウンロードされてくるかと思います。


これで、ほぼ終了です。


さて、走りましょうか!

最後に! コレ、持ってますか?

iPhone ケースとスポーツイヤホン

 


とりあえず買って使ってみましたが、不満がなかったので紹介。
腕につけるケースとスポーツ用のイヤホンです。イヤホンはメガネかけてても邪魔にならなかったのが、ポイント高いです。
分かっていると思いますが、音質への過度な期待はしないでください。


スポーツ用です。

ボタン電池は CR2032

  


この製品は CR2032 というボタン電池で稼働しています。
最初に付属しておりますが、お試し用なので残りの電池容量が少ないことが多いです。というか、少ないです。
新たに購入しておくことを、お薦め致します。

ランニングするなら ライトも!

 


秋冬はランニングするのにとても心地が良いのですが、日が落ちるのも早いため暗い中を走ることが多くなるかと思います。
実際に朝方や夜間に走っているとわかるのですが、多くの方が自分の存在をアピールすることに無頓着です。そのため、スレ違うときにぶつかりそうになったりすることが、ままあります。


特に犬の散歩やウォーキングしてる中高年の方で、ライトをつけていない方は考えを改めて頂きたいです。


ぶつかるのは相手だけが悪いとか、自分だけが良いとか、そういうことありません。
犬の散歩だからとか、ウォーキングだからとか、一切関係ありません。
怪我をするまえに、お互いに気をつけ、なんらかの形で事故を予防するのが当たり前のマナーです。


ぶつかって嫌な思いをしたり、怪我をしたりするまえに、ライトを身につける習慣を持ってください。


ランナーも当然に装備していると思いますが、なかなか啓蒙されていない気がしています。
夜間を走るなら、シューズとかウェアに気を配るのと同じくらいの気持ちでライトを選んで欲しいですね。