読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kwsktr's study log

kwsktr のおべんきょログ

秘密の質問をマジメに答えていませんか? :: パスワード管理は自分の意識管理

日記

KeePassX 導入後、自分のパスワードメモを見返していたところ、

2001年宇宙の旅

というメモがでてきました。


 


最初はなんのことかわからなかったのですが、どうやらパスワードを忘れた時、最後の砦となってくれる「秘密の質問」の「一番好きな映画は?」の答えだと思い当たりました。
他にも、母親の旧姓だったり、生まれ育った地名だったりと、単語のメモが幾つかあったのですが、コレって SNS 全盛の現代にはリスクそのものですよね。


このような感情や記憶に関する情報 Blog や TwitterFacebook などに、自分の手で書いていたり、公開していることがあると思います。
また、Web サービスのアカウントを乗っ取ろうとしてくる人物が、海外の人間だとしたら自国語の「秘密の質問」は有効かも知れません。
ですが、職場でボクの隣に座っている◯林さんが乗っ取り犯だとしたら、普段の会話で自分から話していることもありますよね。

「秘密の質問」は第2のパスワード

そのような理由で「秘密の質問」を正直に答えることがリスクとなるので、ボクは第2のパスワードとして考えることにしました。


つまり、「母親の旧姓は?」という秘密の質問に対して

g7a#hGj%ohgr$3Fp

と、いったような文字列を入力するということです。SNS でも特定もされにくいし、普段の会話で「g7a#hGj%ohgr$3Fp」とか口に出すことも、ほぼ有り得ない。


ここまでやれば、母親の旧姓を Facebook で書こうが、好きな映画のことを話しても、隣の席の◯林さんにアカウントを乗っ取られなくてすむというわけですね。
やっと◯林さんに心を許して会話ができそうです。