読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kwsktr's study log

kwsktr のおべんきょログ

音楽はベスト盤ばかり聴いてしまう

もう新しい音楽を取り入れるだけのキャパシティがボクにはないのかも知れない。
とにかく新アルバムを買うよりも、ベスト盤ばかり手に取ってしまう。


最近はスカパラをヘビーリピート。
3000円で50曲以上はお得だな、と。


ドリカムとかも良い。
別に当時も今もそこまで好きではないけれど、安心して聴けるから聴いてる。



ブルーハーツのベストも買った。
聴いててしんどいときもあるけど、THE HIGH-LOWSザ・クロマニヨンズより聴いたら元気にはなる。



唯一、Perfume くらいかな、新曲を買っているのは。


最新の音楽を追わなくなったのは、ニコニコ動画周りの音楽が店頭を賑わすようになってからかな。
楽しんで聴けたのは、物珍しかった頃までで、ユニーク路線の音が溢れてくると苦痛に感じるようになった。
ユニークな曲や音が悪いわけではなくて、聴き手側のボクが音楽に求めるものが変化してきたという問題だと認識している。


それとAKBとジャニーズ、EXILEあたりが、オリコンを独占するようになって、本当に音楽が楽しめなくなった。
大量のファンがまるでイナゴのように、音楽というジャンルを食い荒した感覚。


でも、それはそういうものなので。オタクなファンが悪いわけでもなくて。
好きな音楽を探せなくなった自分の能力の無さと、新しい音楽への関心が薄れただけのこと。


どうやら、音楽は楽しむツールではなく、懐かしむツールになっているんだろうな。

23歳の二年目営業社員

今日はフロアが違う部署の23歳の営業と数分話した。


去年の新卒だ。


半年前には「仕事、大変です」といって涙を流してた彼女が、いまはもう先輩で、意識も高くてびっくりした。
成長したわけじゃなくて、秘めてる力が解放されたとか、覚醒したとか、そんなレベルだ。


ボクが23歳のとき、あそこまで広くて深い思考できていなかった。
言われるがままに仕事して、いや仕事というかロボットか機械のように雑務をこなすだけだった。
チームや組織、顧客のことよりも、ただ山積みのタスクをこなしていただけだ。
それが仕事だと思い込んでいた。


何も身にならず、消耗し続けた。
ボクは何も学ばず、飯食って寝て排泄を繰り返すだけの20年近くを過ごし、いまの職場で少しだけ落ち着けている。


彼女はたったの一年でボクの十数年を超えたレベルにいる。


人間は年齢ではないのだ。
自分より若い人間のほうが優れていることがたくさんある。
歳を重ねたから偉いわけではない。
漫然と生きたら劣化しているだけなのだ。


ゴミのように生きたならば、ゴミに近づいているだけなのだ。
輝いて眩く生きるためには、情熱が必要なのだ。
どんなことでも熱があれば、人は輝けるのだ。


ボクの職場の独身女には欠けているものを、23歳の営業は持っている。
30を過ぎた女には二度と手に入れることができない情熱。
人間としての魅力は、内面から滲み出て外見を創り上げる。


薄汚れて腐臭を放つ人生を過ごした肉袋の30過ぎの女の外見が醜い理由は、そにあるのだ。

職場に30過ぎの女がいる

唯一できるのがPhotoshopの操作という、それしか取り柄がない30歳を超えた女の扱いが難しい。
知性を使った会話が一切できないので、関わることが時間の無駄としか思えない。


30歳を超えた独身女が二人もいる。
一定の年齢を超えた独身女がいる職場は、本当に苦痛だ。
もう少しm若かったら少しは我慢できるかもしれない。
でも実際には30歳を超えているから、ちょっときつい。
いや、だいぶきつい。


若いから無知も許される、失敗も甘い顔ができる。
けれど、30歳を過ぎているの知恵がないのは、絶望的に許せない。


俺は嫉妬しているのかもしれない。
隣の部署には23歳の女がいるのだ。
ただ、職場にいるのは23歳よりも7歳以上も老けた、やつれた、衰えた女がいる。
しかも利口ではない、生産性が低い、くたびれたみすぼらしい女だ。
生物として明確なまでに価値が劣る女がいる。
二人も。
一人ではない、二人もだ。


30歳を過ぎた女を許せないのは、俺にゆとりがないせいかも知れない。
30歳を過ぎた見た目のくたびれた女がいることが、辛くて仕方がないのは、若くない女を許すことができない俺の悪いところかも知れない。


許せるゆとりが欲しい。
嗚呼、まだ30代なんだね、まだまだこれからだね。
なんて言えるゆとりが欲しい。


でも無理なんだな。
30歳を超えて独身の女は悍ましいからな。


もしかすると俺は憐れんでいるのかも知れないな。
事情はどうあれ、30歳までに配偶者を見つけられなかった女が幸せになることができる率は極端に低いだろう。
これはかなり可哀想だ。


日本人はこれからもっと貧しくなる。
いまでもゴミのような人生を歩んでいる30歳を過ぎた独身の女が、今より幸せになれることはかなり難しいことが俺にはわかる。


街コン、合コン、結婚相談所、婚活パーティーなどなど必死に手を尽くしてるだろうが、残念だが手遅れだ。
俺は予言をする。
職場にいる独身は一年後も二年後もいまと変わらない、いやもっと衰えてより醜くなった女になる。
不幸だ。


でも、これは俺が一番不幸なのだ。
価値が著しく低い女が二人もいる職場ということだ。


若い女を採用してちやほやしたい。
若いというだけで強烈な価値があることを、30歳を過ぎた女に露骨に解らせたい。
老けている独身女の価値がゴキブリの糞と同等であることを知らしめたい。


世界は30歳過ぎた独身女よりも20代前半の女を欲している。
俺がいいたいのはそういうことだ。


職場の30歳過ぎた低い知能指数しか持っていない女が、俺の手を煩わせることなく自発的に消え去ることを願ってやまないのだ。
30歳を過ぎた女は寝る前に100回は唱えるべきだ。

「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」「30歳を過ぎた独身女には価値がない」

ブログにコメントをいただいたのでお答えします :: 6年後のボク

日記

kwsktr.hatenablog.com

マスさん、コメントありがとうございます。


気付けば6年間過ぎていました。


現在の職は PG 兼 SE みたいな、ハイブリッドな仕事してます。
ちょっと大きめのサイトを、一人で内部の追加開発したり、フロントいじったり、DB触ったりと、SEOしたり、デザインしたり、いろいろやる楽しいお仕事をしています。
フルスタックエンジニア とかいう感じでしょうか。技術はいまいちですが、とにかくなんでもやってます。


職場もいろいろ変わりまして、当時の中小 SE 会社ではないのですが、6年前の苦しかった経験から、今、楽しくやってるボクなりのアドバイスを送りたいと思います。

自分の解る部分を解る

よく聞く言葉とは思いますが「解らないことが解らない」状態を無くすことが、最初の一歩です。


どこなら自分は解っていて、どこが、どのように解らないのか。
そもそも、なぜPGだったのに、SEやってるのか。というようなことも、聞くことをおすすめします。
プロジェクトの目的は何か、そのために何が必要か、納期はいつからいつまでか、予算はどれくらいか、協力会社は何社か、何人体制で作っていくのか、などなど、なんでもいいから解ることを増やしていくことで、また見えてくるものがあるかと。


そして、大きな部分から、徐々に細かくしていく作業を繰り返し、解らない部分を減らしていくのはどうでしょうか。


右も左も解らない状態から一歩踏み出すために、今の自分がどこにいるのか、を自分自身が解ってあげて欲しいです。
周りに気付いて貰う、その前に自分で気づくことで自信が生まれると思います。

脳みそから物理的な何かに落としこむ

解らないことを頭の中だけで留めておくと、もうまるで解らないループに落ち込んでしまうかと。


Excelでもマインドマップでもなんでもいいのですが、とにかく脳から紙、ファイル、などの物理的な何かに移すことができるか、が大事だと思います。


ボクの場合は、とにかく文書化でした。
手書きで図を書きまくって、ユースケースなどを理解していきました。


文書化できない = 理解してない、解っていない。
そのような心づもりでいたので、それなりの量のお絵かきをして、それを要件定義の書類にまとめたりしていました。

誰かに聞いたほうが早い

どうしても解らないことは恐れずに聞くことです。
解る人なら1分で解ります。解らない人は3時間たっても解りません。


だからといって、解らないまま進めることのほうが、怖いことで、あとあとの問題になってきます。
ウォーターフォール型の開発でなくとも、初期の要件定義はそれなりに影響してきますし。


解らないことを尋ねるときも、どこまでなら解って、どこが解らないのか、を伝えることができるので、コミュニケーションしやすくなります。
とは言え、何でも聞く、というのもアホだと思われて厭かも知れませんが、その時の聞き方次第でしょうね。


マスさんに、メンターの人がいればいいのですが、どうなのでしょうか。
聞くに聞けない、そんな関係にしない、というのも大事だと思います。SEなら。

仕事だからこそ人間関係を大事に

当時のボクは人間関係が上手く構築できませんでした。
そこが原因として、ボクの精神はズタボロになっていきました。


向き不向きあるので、なんとも言えないのですが、仕事の向き不向きより、人間の向き不向きのほうが辛かったですね。


人間関係が上手くいっていれば、仕事はなんとかなります。
自分のために仕事をしようとすると、きつくなりますが、同僚のため、チームのため、組織のため、クライアントのため、と考えると、味方が大勢いることに気が付き、プラス思考が生まれて仕事がしやすくなると思います。


でも、それは人間関係が破綻してない場合ですよね。


ボクは転職するときに、当時の社長についていけずに辞めました。
小さい会社だったので、距離も近くてきつかったですね。


彼から教わったことに金言もあるのですが、それ以外の部分に悩まされて仕事ができなくなってしまい、誰も得しないから辞めよう、と決めました。
ボクにとっては、とても良い選択肢でした。

本を読む

後は勉強ですね。これはエンジニア職なら当たり前のことですが。


  


要件定義関連で、読んで良かった本を貼っておきます。
初歩すぎるかもしれませんが、ご参考までに。


そして、最後に大事なのはコレ。


enjoy!!


今を楽しんで。