読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kwsktr's study log

kwsktr のおべんきょログ

Microsoft アカウントで氏名を日本語にした場合のデメリット :: User 名フォルダが日本語って...

Windows

Windows 8.1 (おそらく Windows 8 でも同じ)インストール時に Microsoft アカウントを結びつけたのですが、ちょっと困った事がありましたので備忘録として書いておきます。

そもそもMicrosoft アカウントってなに?

Microsoft アカウントとは?|Microsoft アカウント

公式ページに詳しく書いてありますが、簡単にいうと

Microsoft アカウント (旧 Windows Live ID)

です。例えば、@hotmail.com、@live.jp、@outlook.jp といったアカウントだと思っていただければ良いと思います。

何に困ったのか

エントリータイトルにもちょっと記載したのですが、Windows の User 名フォルダが日本語になります。
もうちょっと具体的にいうと、川崎 太郎 という氏名登録を行った Microsoft アカウントを、Windows 8.1 のインストール時に結びつけてしまうと

C:¥Users¥太郎

というユーザーフォルダが作成されます。


この日本語名がクセモノで、アプリケーションによっては日本語名を挟んだ場合に動作しないものがあったりするのです。
つまり、

C:¥Users¥太郎¥app

というような、フォルダ構造にした場合に動作しなくなるという事態が考えられます。
そして何よりも、日本語フォルダ名はコマンドラインを使うときに手間になるのです…

C:¥Users¥太郎¥Downloads

とか。
見た目にもちょっとしんどいですね。


しかも、これは、後から Windows 上で変更することができません。
変更したければ、結びつけをしたい Microsoft アカウントの登録名を英字に変更した後に、Windows 8 の再インストールを行う必要があるのです…

Microsoft アカウントの編集はこちらから


  1. Microsoft アカウントへのサインインを行う
  2. 表示名の変更 を行う


f:id:kwsktr:20131110022603p:plain

上記の画像がアカウントの編集画面です。
「名」の入力値を Windows 8 はユーザーとして扱うフォルダ名としてするので、英字にしておくことをオススメ致します。


Windows 8.1 は 8 と比べると速度や UI/UX など細かいところが改善されているので、変に毛嫌いせずにバージョンアップする価値があると感じています。
ボクにとっては Windows 7 よりも Windows 8.1 のほうが使っていて気持が良い OS になっているようです。